2009年10月31日

今日はごりょんさん

goryonsan.jpg

ご無沙汰しておりました。

写真は、人気漫画家の西原理恵子さん描き下ろし!特製文庫カバーぴかぴか(新しい)
文庫本を買うとコレ、もらえます!
福岡の書店員101名が選んだ「激オシ文庫フェア」。
「BOOKUOKA(ブックオカ)2009」という本のイベントです。
関連して、西原理恵子さんのトークショーもあり、絵本友達3人で行きました。

「毎日かあさん、今日はごりょんさん」
期待どおり、かっぽう着の「毎日かあさんスタイル」でご登場!!

相変わらずの、歯に衣着せぬ、小気味のよいトーク炸裂!
笑いあり!涙あり!怒りもちょっぴりありで、1日限りの「ごりょんさん」の西原さん。

ご存知博多は、商人の街。商家のおかみさんの事を、「ごりょんさん」といいます。博多祇園山笠では、縁の下の力持ちとなって、お祭りを支えます。また、「山笠(やま)のぼせ」の男たちにかわって、ごりょんさんたちが、お店の切り盛りもするのです。

たくましい博多の「ごりょんさん」と西原さん、共通するものがありますね。

トークショーは、西原さんの生い立ちから、上京して漫画家になるまで、そしてご主人の鴨ちゃんのこと、子どもたちのこと、作品のことギャンブルなどなど...。会場からの質問に、小気味よくズバズバっと、答えます。

予備校時代に絵の力量を知った後、美大に入学するとすぐに漫画家へ。自分の素材をいち早く見極め、適職として活かす術は、まさに人生の達人!

ご主人のアルコール依存症を克服したお話では、この病気の患者さんをもつ家族だけではなく、子育て中の人、介護をしている人にも役立つヒントがいっぱい!

若い頃からどんな環境の中でも、精一杯、今日を生きてきたことを、あっけらかんとユーモアいっぱいに語る姿は、先行き不透明な時代に生きる私たちに、勇気と希望を与えてくれます。

女性も自立して、自分でしかっり生活していける経済力を持つ事が大事ですね。

体当たりで、苦難を乗り越えて得た、経験と感動の数々...。それらが人間味溢れる作品へとつながり、私たちの共感を呼ぶのでしょう。

めざせ!太腕繁盛期!!

私も、がんばりま〜す(^_^)V

posted by ART BOX at 00:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★よしひろみつえの雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

「き」と「ら」が降りそそいで…

写真1.jpg
きらきらしている。
美しい、銀座のとあるショーウインドウ。
銀座スペースデザイン・学生コンペティションの受賞作品で、多摩美術大学・ガラス専攻の方の作品「煌(こう)」とのこと。夜にはライトアップされ、それこそ格別な煌きです。

デパートや有名メゾン、ギャラリーなど、銀座ではさまざまなショーウインドウが楽しめます。赤ワイン色の糸とボビンによる幾何学的なデザインが、あたたかな秋のイメージを生んでいる松屋。ピアノ線と手のオブジェが、心躍る高揚感を掻き立てる資生堂などなど。
もうひとつ、夜の銀座で見つけた素敵なウインドウ。
写真2.JPG

ハロウィンが終われば、ちらほらとクリスマスのイルミネーションが灯り始めることでしょう。気が早いですがそちらも楽しみ。真夜中にディスプレイの作業をしている方々に感謝。
(C・S)
posted by ART BOX at 13:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■スタッフの日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

芸術の秋

気持ちの良い秋晴れの日が続いています。
「芸術の秋」みなさまは楽しまれているでしょうか。

上野の都美術館や六本木の新国立美術館では公募展の本展が次々と開かれています。
こうして毎年、コンスタントに大作を描くことは私の想像する以上に労力のいることなのだと思います。
きっと作品ができた時の喜びは、それ以上なのでしょうけど。

先日、新国立美術館で行われている「二紀展」と「独立展」を見てきました。
息をのむほどの美しい絵から躍動感のある絵まで、楽しませてもらいました。
その発想の豊かさは、とても刺激になります。

大家の描く画力を持った作品はいつも日常と交わるか交わらないかの世界へ連れていってくれます。
また、若手のこれからを担う作家たちは、一生懸命という言葉がぴったりの成長過程にある作品を見せてくれます。

独立展にて賞候補となった作品のなかに、昨年、ARTBOX大賞展にてグランプリを受賞した白藤さえ子さんの作品がありました。
人間の内面にある「狂気や欲望」を作品に投影させた白藤さんの作品には、はっと気付くことがあります。
わたしたちの持つ、欲望の確かさ。それが本物であるか否か。ぜひ、実際に作品を見ていただきたいですね。
shirafuji.jpg
独立展は10月26日までとなっています。
最終日は3時で閉会となりますのでお気を付け下さいませ。

ART BOX大賞展
第18回ARTBOX大賞展(グランプリを受賞した白藤さえ子さん)
posted by ART BOX at 14:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■スタッフの日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

「イングリッシュガーデンに魅せられて 新田惠津子の世界」

english01.jpg
「イングリッシュガーデンに魅せられて 新田惠津子の世界」が刊行されました。

1巻目の「ファンタジー 織りと刺繍の物語」から5年ぶりの作品集です。
今回は、作家がイギリスを巡ったときの記憶を、織りと刺繍で綴っています。

花のある美しい風景を求め、ヨーロッパなどさまざまな土地で感じたときめきを
作品にたくし、見る人々にやすらかな時間をもたらします。
人気の「花のある窓辺」の小品シリーズは、今回も多数掲載しています。
カナダのナイアガラの滝やユーフラテス川の雄大な景色も見どころとなっています。
ぜひともご高覧ください。

全国書店にて好評発売中です。

12月から日本橋高島屋で個展が開催されます。
実際に見ていただけると、その色彩やテクニックに驚かされます。
こちらも必見です。


-------------------------------------------------------------------
織りと刺繍の物語 新田惠津子の世界
〜イングリッシュガーデンに魅せられて〜

会期:平成21年12月10日(木)〜12月15日(火)
                  ※最終日は午後6時閉場
会場:日本橋高島屋8階ギャラリー <入場無料>

------------------------------------------------------------------


「イングリッシュガーデンに魅せられて 新田惠津子の世界」
http://www.artbox-int.co.jp/publish/gallery/gallery_02.html


tt
posted by ART BOX at 15:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■スタッフの日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。